Tシャツ作成で袖にデザイン

Tシャツにデザインを施す場所について注目してみましょう。

Tシャツ作成において一般的なものは表のメインとなる場所へのデザインやバックプリントではないでしょうか。しかし、中には袖へのデザインにも対応しているTシャツ作成もあります。

半袖のアイテムにデザインを行ってTシャツ作成をする場合には、袖の面積が狭いのでデザインする箇所というのはある程度限られてきますが、長袖の場合には、袖のどこにデザインするのかという事も考えないといけませんね。

あまり複雑なデザインを大きく袖に配置するのが厳しい場合もあります。袖は脇の範囲など隠れてしまう部分もありますので、周りから見たときのデザインの見え方にもTシャツ作成では注意しておきたいですね。

自由にデザインする事ができる領域を確認した上で、Tシャツ作成を開始しましょう。

オリジナルTシャツと共に作成する冬のアイテム

夏であればオリジナルTシャツを作成してみんなで同じ物を着用するといいかと思いますが、さすがに冬になるとオリジナルTシャツだけでは寒いと思います。

屋外であればより一層厳しく感じられる事でしょう。そこで、冬にはパーカーやトレーナーなどの長そでアイテムも同時に作成してはどうでしょう。冬のアイテムをオリジナルTシャツと共に作成する事で、年中オリジナルのアイテムを着る事ができますね。

ユニフォームとして利用する場合には、オリジナルTシャツの他に冬も着用できるアイテムを作成しておくと便利です。

また、長そでのオリジナルTシャツを作成しておくと、春や秋にも対応する事ができるでしょう。